3連休のお仕事終了!今日はトレード見送りでのんびり過ごしましょう!

こんにちは。

3連休最終日、東京は30度を超える暑さです。朝は副業の給与計算資料を先方に送り、近所をジョギングして遅めの朝食を取っています。今日は夕方に文化人放送局の『報道特注』を観覧しに行くのですが、初めて生田よしかつさんを見るので楽しみですww普段は平日17:00からの収録なので、サラリーマンには難しい時間帯なのですが、この祝日を利用して行ってきます!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日は様子見相場…その理由も解説します)

今日の相場を先に話しておきましょう。結論から言うと今日は様子見です。先週はメールマガジン動画でも『トレンドがレジサポで跳ね返されている場面』であることを話していました。今がまさにトレンド転換の場面だからです。ここからは、明確なトレンド転換が確認できてからエントリーしていきます。

具体的には、今のGBPJPYが分かりやすいのでご紹介します。

日足レジスタンスで抑えられて大陰線。4時間足は直近の波の安値を割っていきました。これは日足レジスタンスが機能したと仮説を立てることが出来ます。さらに、日足の1σの中に入ってきたこともあり、上昇の勢いは無くなったとみるのが自然な考えでしょう。

ここから一度4時間足レベルの戻しが入り、切り下げの状態から日足ミドルバンドまで下がっていく可能性があります。トレードは、4時間足の上昇終了を1時間足の波形とミドルバンドの傾きなどから判断し、エントリーポイントを探していきます。

そのような予測が今の時点で立てることが出来るので、火曜日か水曜日が勝負になると考えています。これはUSDJPYにも同じことが言えるので、随時状況は変化するものの注目してきます。

 

3連休の仕事。副業の前に考えたい事。

私が社会保険労務士(相当)の副業をしていることは何度か記事にしています。きっかけは高校時代の友人に給与計算と各種社会保険の手続きをお願いされたことが発端です。自分の資格や経験が友人のためになっていることは、本業以上に嬉しいものです。

さすがに外部に営業するほど時間はないので、友人経由で仕事をご紹介いただく…そんなことになるでしょうが、とにかく副業時代に他の人より先駆けて取り組めているかと思っています。

副業に関する記事はインターネット上でも見かけるし、労政時報などの業界紙でも企業の事例が出ていますが、どれも私が想像する意図とは異なっています。記事でお決まりのように出てくるのは『夜にコンビニや飲食店で働くと、一日の法定労働時間である8時間を超えるので時間外労働の管理が発生する』というものです。また、これに付随して記事には出ていませんが『週40時間を超える場合は時間外割増を支払う』ことが定められているので、副業だけでなく本業の労務管理にも影響してきます。

こんなの、管理部門は面倒で嫌がるし、外部の労働時間を把握するという仕事が増えるだけなので導入したくないに決まっています。これが現場の現実です。しかも、働く側としても、結局は時間を切り売りして得られる収入なので程度の知れた収入しか得られません。

 

3連休の仕事。副業で掛け算の収入を得る。

もしかしたら、一ヵ月1万円でも2万円稼げれば良い!という方であれば、会社に工数という迷惑をかけつつもそういう副業で良いと思います。その収入を得るために費やす労働時間は、恐らく8~15時間ほどでしょうか。私は、金額もさることながら費用対効果を考えてしまいまうので、効率的ではないなと思ってしまいます。

副業許可の目的は会社がそれぞれ決めれば良いのですが、私が思う副業は、『自身の能力や趣味など人より勝っているものを社会のために使う』ことだと思っています。今の私の副業は、その趣旨に概ね合致しています。それは、個人事業主的な働き方であり雇用されることを想定していません。だから、労働時間の管理は直接的には発生しません。

もちろん、会社の判断で『報告させる』などの義務化をすることは良いことだと思いますが、個人のことで極力会社の人々の工数を取るべきではありません。

そして最大のメリットは、収入と言うべきか報酬と呼ぶべきか、自分で交渉できるということです。その仕事の世間の相場は踏まえるべきですが、例えば資格を活かした仕事は基本的に時給5,000円以上の仕事になります。私の場合、当然給与計算ソフトの購入など最初に支出があるのでマイナスからのスタートです。また、ランニングコストとして保守費用や事務用品など出費もありますが、仕事を効率化していけば時給はもっと上がる理屈になります。

現に、私の友人の会社は勤怠を紙からクラウドの勤怠システムに代えてもらい、集計が早くなりました。先方の作業がなくなり私の仕事も早くなる。双方メリットのあることが少しでも出来れば信頼関係を作ることが出来ます。

こういう経験が、本業にも活かせる良いスパイラルになるのが副業ではないでしょうか。ぜひ一度ご自身の能力や経験を洗い出して、世の中に役立てることを考えてみてはいかがでしょうか。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。