消費税対策?「贅沢しないしそれほど影響ない」だけってもったいない!FXしようぜ!

こんにちは。

今日から世間は3連休。東京都内に住む私にとっては台風直撃のため外出を控えています。今この瞬間、家の周りはシーンとして静かです。世の中が動いていないくらい人の気配も感じません。誰もが怖い自然災害。私も読者の皆さまも明日を元気に迎えられますように!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日は家の掃除をやってしまおう!)

10月1日から消費税が増税されました。「ポイント還元などくだらない」「軽減税率が分からない」と思っている方も多いと思います。私だってそうです。でも、始まってしまったものは仕方ないのでポイント還元も活用し、軽減税率も理解していかないといけません。

もう言うまでもないと思いますが、交通系ICカードは事前にサイトから登録しないとポイント還元を受けることは出来ません。少しだけ面倒ですが、私は定期券にPASMOを使っているので登録しました。この後は、アップルウォッチにSUICAを入れて普段使いをもっと便利にしようと思っています。が、本音は『PASMOはなんでApple Payに対応していないんだ!』と不便さを感じています。

 

みなさんの消費税対策を教えてください!

皆さんは根戸ウヨ子ちゃんってご存知ですか?日本を愛する模範的な愛国少女です(笑)その公式Twitterで少し前にこんなツイートがありました。

思いの外、これといった対策をしてるリプライが無く、「贅沢しないし食品は8%なので…」という意見が大半でした。面白かったのは「新聞を解約する」「NHKを解約する」でしたね。確かにこれだけで相当のお金が浮きますから、消費税率10%の日用品、電気・ガス・水道分は簡単に賄えます。

これに関連して、朝日新聞の面白い広告をご存知ですか?これです。

おい!!

軽減税率によって助かった新聞がこのような広告を出すことは国民に対する挑発だし、前述の通り一般家庭がまず先に削減するのは新聞でしょう。それなのに増税に関して積極的に反対キャンペーンをしなかった新聞社の罪は大きいと言えます。

 

「収入を増やす」を選択した私たち

リプライを見ていて違和感を覚えたのは「収入を増やす」と言っている人が皆無だったことです。やはり今ある収入の中でやり繰りすることが前提になると思いつかない発想なのかもしれません。FXに収入アップを求めた我々は、思考が柔軟で一歩進んだ存在と言えるでしょう。

私たちのように時間に制限がある兼業トレーダーは、頻繁にチャンスはないし見逃すことも多くあります。それでも昨日のUSDJPYのように、夜だけのトレードでも着実に結果を出せることさえ分かれば良いのです。いくら稼ぎたいか?は人によって違うし、私のようにサラリーマンにも意義を感じつつ収入を増やしたい人だっています。

共通して大事なことはトレード手法を確立することだし、それまでの費やす勉強時間を受け入れることでしょう。

 

年収1,000万円は憧れの存在?

年収1,000万は多くの人にとって憧れと言われています。憧れとは違っても、羨ましいと思う人が多いことでしょう。そして、自分には関係ない話だという人だっています。

でも、年収1,000万円の人って周りにいませんか?例えば会社の社長や部長クラス以上の人。年収1,000万円は日本人の5%というのを聞いたことはあるでしょうが、これを計算してみると意外と周りにいることが分かります。

5%とは、サラリーマンのうち5%という意味なんです。つまり厚生年金に加入している人数と近いと考えられます。厚生年金の加入者数は4,358万人、その5%は2,179,000人です。さらに自営業者が加入する国民年金の加入者数が1,500万人。この一部をプラスすればイメージより多いのではないでしょうか。

その内の一人に自分はなれない?それだけの人数なら自分にもなれる?ここで行動が分かれてくるのでしょう。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。