GBPAUDロングエントリー中。明日はUSDJPYが狙い目だ!

こんばんは。

今日は18:50の帰宅となりました。10月から会社の定時時刻が10分早まり、その恩恵に初めてあやかって帰ることが出来ました(笑)そんな早めに会社を出れたからでしょうか、外の寒さを感じ、短い秋はすぐ終わって寒くなるなぁ…と感じました。

年末は大きなイベントの年末調整。その前には繁忙期を前にした決起集会?という名の飲み会を開き気合入れてきます!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!大きく動くポンド、USDJPYも狙い目だ!)

この数日はイギリスのEU離脱について合意が近いと言われればポンドが買われ、ネガティブな報道で売られの在れた相場です。全体的には常用トレンドなので、先日も言った通り『トレードする?しない?』は別としてポンド高のトレンド方向にどういうタイミングでエントリー出来そうか?を考えるのは勉強になります。

そんな中、現在エントリー中のGBPAUD。ボラが大きかったのでストップを40pipsに定めてリスクリワード1:2以上のトレードのつもりでエントリーしました。これ、エントリー時点のトレンドとローソク足、ミドルバンドの位置関係が最高の場面です。

これを表面的に真似しようとすると、単なる手法になってしまうので丁寧に理解してください。4時間足が上昇波形のアップトレンド中。押し目から直近高値を超えて上昇を試みている場面です。1時間足は同じく上昇トレンド中。高値でダブルトップが作られ、ミドルバンドの下に潜ったものの再度縫い返したという場面。その抜き返す場面を15分足で見るとダブルボトムからの上昇。そして明確なブレイクラインが作られていることが分かります。

普段の見方と少し違うことがあるとすれば、1時間足のトレンドをどう考えるか?というところです。ダブルトップによって切り上げが崩れた…と考えるのであればその通りです。今回はそれより優先させたことがあります。それがミドルバンドです。

1時間足のミドルバンドは超重要で、一度潜り込んでから傾きを変える前に再度抜き返した場合は上昇が継続する可能性が非常に高いです。繰り返しになりますが、4時間足以下の大前提のトレンドが整っていて初めて成立する話ですからね!

この潜り込みからの上昇、覚えておきましょう。このトレードの結果は次回の記事で報告いたします。

あ、、USDJPYもチャンスが近いのですが力尽きたので是非考えてみてください!

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。