週足、月足の環境が見えていますか?

こんばんは。

本日は仕事後にセミナーに参加したため、22:45の帰宅となりました。
元々、今日の相場は読みにくい環境だと思っていたため、ノートレードです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

なぜ、今日は『読みにくい相場だった』と思ったのでしょうか。

それは、このブログを通して再三再四お伝えしてきている「環境認識」と深く関わってきます。私の狙うトレードはデイトレであり、4時間足のトレンドを基本にしています。

これは、ずっとお伝えしてきたことです。で、ここからです。

私が6分割チャートを常に見ている理由は、当然月足と週足を見ているからです。如何にデイトレと言えども、月足と週足の存在を無視してはいけません。

今日のUSDJPYをご覧ください。

 

5月7日の週足安値から引けるラインがあります。これは下降に転じる前の最後の上昇の起点です。要するに、ここが『買い方が否定されて売りに転じた』ポイントなんです。レジサポ転換という言葉があるくらいなので、その上昇の起点は今度はレジスタンスとして機能します。

それが、昨日までの流れに乗って上昇できない根拠です。そして、それが分かっていたので今日は元々ノーエントリーのプランでした。

いかがでしょうか。月足や週足を無視すると、相場の動きを読み解くことが出来ないし、高勝率のトレードをすることも出来ません。是非、長期足の環境認識の重要さをご自身で検証して体感して下さい!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。