あなたが投資をはじめる『きっかけ』は?。将来に不安を抱えた後輩の話。

こんにちは。

「なんでFXを始めたんですか?」。この手の質問は何度となく受けていました。もちろん、理由は一つではありません。全ての判断がそうであるように、総合的に考えて「FXをやる!」と決めたわけですが、恐らく誰しもに共通したきっかけは『将来への不安』ではないでしょうか。

自分の会社の課長、部長など管理職のポジション数と年収。家庭を持ち支出が増えることを想像した時、余裕のある人生が送れるだろうか?という一抹の不安。これは投資を始める理由として十分すぎるきっかけだと思います。私も、総合的に考えた内の一番大きなウエイトはこれでしたから。

今回の記事は、後輩から相談された将来への不安と投資への興味について綴ります。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!資産形成のための投資、応援します!)

 

投資初心者が共通でかかえる悩み

私は、自分の周りには実績あるトレーダーが沢山もいるし、奥さんも自分でビジネスを興しているという環境の中で生きているため、今回聞いた会社の後輩が抱える『悩み』というか『心配ごと』が非常に新鮮でした。

なぜなら、それらの悩みは数年前に考え尽くし、そしてトレーダーの道を歩み始めたからです。しかし、思い返せば彼は数年前の自分の姿であるわけだし、今回の話を踏まえて彼自身が資産形成について考えていくのだろいうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今の仕事は楽しいし遣り甲斐があります。今の会社に骨をうずめる気持ちもあります。でも将来を考えた時、年金には期待できないし給料だけでは心配で…奥さんには言っていない外貨預金があり、将来〇百万円くらいになる予定です。

それ以外に何かないかな?と考えた時、株かなぁと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話を聞いていると、FXは怖くて手が出せないと言いました。個別株なら株主優待があるため恩恵にあずかれるというところからすると、高めのリスクは負いたくないのだと分かります。また、iDeCoとNISAはどうか?という話にもなりました。

iDeCoとNISAは、以前ブログ記事にした通り節税以外の効果はありません。何人もの税理士YouTuberさんを見てきましたが、色々言うものの詰まるところ節税以外にメリットはないと言っているように聞こえます。

話題が少しiDeCoにズレますが、FXトレーダーにとってこれほどつまらない投資はありません。なぜなら『売り』から入ることが出来ないからです。毎月定額を買い続けるしかないということは、どういう意味を持つか分かりますか?買った価格が平均されるということです。安い時に買って高い時にも買わないといけない。そうすると価格は平均されていきます。

途中で利益を確定して別の商品に切り替えるという選択肢はありますが、そういう投資家気質の方は既にFXや先物市場に参加しているはずです。iDeCoとは、本来頻繁に商品を変えるタイプの投資ではないし、そういう意味で金融庁が『投資』を促しiDeCoや投資信託を推奨することに片腹痛くなるわけです。

話を戻し、投資の厳しさを伝えた上で「そこまで目指したいわけではありません」と正直な感想をもらいました。緩やかな資産形成が今の彼には相応しいと思ったのでしょう。その言葉の背景には、もう一つの彼の目標があります。それは、私たちの本業の国家資格試験。合格すれば拍が付くし資格手当が支給され年収が確実に上がります。投資を考えることも大事だけど、仕事熱心な彼ですし目先クリアするべき優先順位を理解している冷静な判断をしました。彼みたいな人が会社を支えるのだなぁ。心からそう思います。

 

あなたがすべきことは『決断』です。

投資を始めることは、貴方にとって大きな決断です。特に『稼ぐ』思いを強くすればするほど、学ぶことは多く、時にはトレード塾に数十万円を払う決断をすることもあるでしょう。さらに目に見える結果を出すにはそれ相応の時間がかかるわけですし、家族へ大っぴらに言えない苦しみを味わう時期が必ずあります。

しかし、それが足枷になって前に進むことを止めてはいけません。過去全ての決断がそうであったように、未来から振り返ると大したことない出来事になるのですから。高校受験、大学受験、就職活動。私たちは数々の人生の岐路と思い向き合ってきました。しかし、今となってはどうでしょう。きっと「それで人生の全てが決まるわけじゃない」と思っているはずです。

投資においても同じ感覚を味わうことでしょう。とにかくやる!続ける!そのうち日常になれば意識することもなくなり習慣化します。大小の違いはあれど続けていれば必ず成果になって現れます。もしあなたが投資初心者の後輩と同じように悩んでいるなら、今回の記事を読み返して決断してみてはいかがでしょうか。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。