指標が続く今週。レンジを脱することが出来る通貨は?

こんばんは。

今日は19:45の帰宅となりました。帰りは電車が大幅に遅れて疲れた一日の終わりに厳しい時間になりました。本来、2月は私の仕事では閑散期。ですが今年は休ませてくれそうにありません。会社勤めの方、特に管理に携わっている方はマイナンバー施行以来様々な法改正に悩まされてきたでしょうが、これから変わる『電子申請の義務化』もその一つです。いよいよ国がペーパーレスの時代に持って行こうとしている意志を感じます。

本来は日々の仕事の片手間で出来ることではなく、腰を据えたいのですが限りある人的資源の中では仕方ありません。今年は激動の一年になりそうです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!レンジを脱するきっかけは今週か?)

数日ブログ記事を更新していませんでしたが何てことは無い、状況は全く変わっていません。とにかくレンジです。正直言ってチャンスの通貨がありません。今日の深夜にあるアメリカ指標、明日のADP雇用統計、金曜日の雇用統計。これらがきっかけになるのでしょうが、だからこそ現在手出しできない状況になっています。

EURUSDはどうでしょう。日足では底値から反発上昇しています。日足の前回ダブルボトムより切り上がっているので、底値からは買われているのが現状です。4時間足は上昇波形ですがミドルバンドを割るかもしれない?という位置。

波形も悪いですね。ここから上昇が強くおこるイメージは今のところ持てません。複数の指標を経てどんなトレンドを作るのか?今週は様子見の一週間になりそうです。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。