NZDJPYショートエントリー。52pips利益確定もその後…

こんばんは。

今日は20:45の帰宅となりました。今朝も相場は大荒れでしたね。NY先物はサーキットブレーカーが2度ほど発生し、取引停止に追い込まれる場面が出るほどの在れた相場です。私は基本、ファンダメンタルズ分析は行わないですが、売りが加速した要因は各国の緊急利下げなど経済政策が引き金になったと言わざるを得ません。

我々としては、引き続きトレンド方向に動いたらついていくことしか出来ません。在れた相場に心を乱されず、手法を駆使して確実なところを狙っていきましょう!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!底値を付けた後の急上昇がエグい…)

先週末、謎の上昇で終わったクロス円。しかしトレンドを考えると今日ロングでついていく戦略を立てることは絶対にあり得ません。むしろ「上がってきたところをショートしてやろう!」という気持ちで待ち構えなければなりません。

例えば今回エントリーしたNZDJPYは事前に下降トレンドと把握した上でこのような戦略を取りました。

 

NZDJPYショートトレード(+52pips利益確定)

日足と4時間足のトレンドは下降トレンド形成中。もちろん今日エントリーするとしたらショート一択でした。朝からクロス円全般が大きく下げているのでチャンスが来るのかもしれないという期待を持っていました。

そしてエントリータイミングがこちら。

1時間足ではダブルトップをつけて戻しはミドルバンドて前で阻まれ戻り売りの格好になりました。その下げの過程で15分足がダブルトップから下落し、1時間足で-2σへ向かって下降を始めた勢いの出る環境でのエントリーです。これはエントリーとして超理想的でした。

その後、少しだけ下げ渋り1時間以内には下降していきました。トレンドフォローであればこそ、このような勢いに乗ることが出来ます。今回は、直後にG7の緊急テレビ会議があることが分かっていたため早めに利益確定しましたが、その後の動きを見る限りベストな位置での利確でした。

安倍総理の会見を見る限り、これといって好材料があったようには思えません。むしろ東京五輪の延期を匂わせる会見にも見えました。しかし、何に反応したのかクロス円は大きく上昇していきました。こればかりは結果論なので仕方ありません。売り勢力のロスカットを巻き込んだじょうしょうだったのでしょう。

さて、この暴れる相場環境の中で手出しできない方も多いのではないでしょうか。その恐れる感覚は非常に大切です。しびれを切らせて飛び乗っていく人々から狩られるのが今の相場ですから、様子見を決め込むのも大事な戦略と理解しましょう。

それでもエントリーする方は、私の今回のトレードのようにトレンドフォローを大前提にしてください。決して値ごろ感の逆張りなどせず、レバレッジを抑えた資金管理を徹底してください。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。