ユーロを中心にトレードを組み立てるのが良い理由

こんばんは!
 

この記事が学びになれば幸いです。ブログランキングに参加しているので『ポチッ』としてくださるとやる気がアップします!


FX・サラリーマン投資家ランキング

日曜日のフランス大統領選挙の結果を受けてユーロが大きく買われて今週がスタートしました。

この相場は当然狙いに行く必要などなく、ファンダメンタルズによっていくらでも動き得るので特に考慮に入れる必要はありません。

我々トレーダーにとって大切なのは『これから』です。ではユーロを中心に解説していきましょう。何故ユーロを中心に考えるのかは後ほど説明いたします。

現在一番直近で大きな動きを見せそうだなと待ち構えているのはEURAUDです。このチャートをご覧ください。

 

長期月足サポートが守られている状態で週足は長く揉み合ったレンジを上に抜けていきました。加えて日足と4時間足は高値安値切り上げの上昇トレンドを作っています。

こうなってくると狙いたいのは日足1.43付近や現在地点からの反転上昇です。1時間足以下が緩やかに下降してきていますが、この下降が崩れた時に大きな上昇の勢いを作ると思われます。

この分析はレジサポラインとダウ理論で説明ができますね。

また、AUDを絡めて注目した理由は、AUDUSDのレジスタンスラインに到達し上値が重くなっているという理由からです。

これは是非ご自分でチャートを表示させてラインを引いて確かめてください。ダウ理論としては大きな優位性があるわけではないのですが、非常に強力なレジスタンスにおいて1時間足がコマ足、そして大陰線を作ったことで上値の重さを感じさせています。

そして、最初にお話ししたユーロに注目する理由ですが、これは単純明快で『市場の注目が集まっている』からです。

市場から注目されるということは、取引量が多いということ。つまり多くの投資家が参加しているが故にテクニカル分析が機能しやすいということです。今一番ホットな通貨を追いかけながら、トレンドに沿ってトレードしていくことは重要な戦略なので、ぜひ取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です