GBPUSDロングエントリー中。トレードまでの思考解説

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。明日は午前中に上司と取引先に直行するので、朝は少しだけゆっくりできるため、チャート分析を徹底して行っていきます!



FX・サラリーマン投資家ランキング

今日は先週金曜日の記事でもお伝えした通り、GBPUSDをロングエントリーしました。何を根拠に待ち構えていたかは記事を読んでいただければお分かりの通りですが、先週時点のチャートを再度ご覧ください。

 

サポートが機能している限り、日足と4時間足の基本的なトレンドは上です。さらに、エントリー時点においては「基本ルール」の通り20MAの上からのエントリーです。

目標は4時間足の大陰線の始値少し手前です。理由としては、この足から大きな下降の流れを作ったことが挙げられます。

現在のチャートを見ていただいてもお分かりの通り、先週の金曜日からこの上昇を待ち構えていたということは、「上昇する」ことが相場から予測可能だったということです。これは全てトレンド判断がものを言います。

正直なところ、「どのタイミング」で一気に伸びるか正確に予測することは不可能です。でも、トレンド判断から、「近いうちに」伸びていくであろうことは考えることが出来ます。

私は実際、金曜の夜から今日の上昇を考えていたわけですから、それが何よりの証拠です。

次回ブログでは、このトレードの結果を報告いたします。