チャートが止まる位置を見極める力!

こんばんは!

本日は19:45の帰宅となりました。夕飯を済ませ、食後にコーヒーを飲みながら現在はチャート監視を行っております。


FX・サラリーマン投資家ランキング

今日はユーロの上昇一服の動きとなっています。そろそろ止まって良い位置に来ていると考えていましたが、やっと調整の動きとなりました。

こういう言い方をすると「下がったなんて結果論だ!」というご意見が当然あります。

そうです。勿論そうです。我々は相場を操れない以上、起こった事実は全て結果論です。

私が伝えたいことはそうではなく、『結果論の精度を高める努力を検証によって培え!』ということなんです。

今週勢いよく伸びたEURJPYについて見ていきましょう。

ここで大切なことは、週足もしくは日足のラインに到達したことにより上か下に大きく動くきっかけが作られる、ということが理解できるか?ということです。

今回の場合は1時間足において上昇のダウ理論を崩しました。おまけに基本ルールの一つ、20MAを下回ったことで勢いがなくなったことも示唆しています。
何度も言いますが、『ラインに到達したことによりダウ理論を崩した』という事実が大切なわけで、単なるローソク足の形とか、教科書にあるダウ理論を言葉通りに受け取っていては理解が半分以下になるので注意が必要です。

さて、この記事を更新している最中にEURJPYが良い動きをしました。
22:05に121.220でショートエントリーです。結果は次回の記事でお伝えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です