『北の大地の恵み』は真実か、それともイメージか

こんにちは。

先週の金曜から来週の月曜まで、北海道の稚内市に来ています。東京とは違い、20度前後の涼しく、時には寒い気候なので過ごしやすい日々を過ごしています。



FX・サラリーマン投資家ランキング

北海道の食材を使った料理は美味しい、、というイメージを多くの日本人は持っていると思います。でも、それは本当に本当なのでしょうか?何となくイメージとか、フィルターがかかっていたりしませんか?

先日、自宅でビールと発泡酒を飲み比べたのですが、ビールを当てることが出来なくて奥さんに笑われた私からすれば、イメージは人間にかなりの先入観を与えているな…と思うのです。

実際、稚内で食べる野菜や鮮魚はとても美味しく、ぜひ皆さまにもおススメなのですが、こういう言葉をきっかけに、自分が無意識に持ってしまっているイメージを『再度疑う』という習慣を身に付ける訓練をしてはいかがでしょうか。

FXにおいても、情報を受け取ったときに真に受けるか、一度疑い自分で確かめるかで道は大きく分かれます。『疑う』というのは人を信じないということではありません。どこまでいっても、人間は不完全で、理解が浅かったり曖昧な記憶で伝えることだってあるは。そこを自身で検証するということです。

全てを真に受けられたら、正直困るわけです。

徐々に情報の取り扱い方についても語っていきたいと思います。が、先ずは私のブログ記事やメルマガが世にあるものと何が違うのか?何故違うのか?篠崎は何を考えて記事を書いているのか?などご自身で想像することを日々行っていただければと思います。

それが思考するということです。

本日も、ご覧いただきありがとうございます。