EURUSDが日足サポートからの動き。トレードチャンスがある理由

こんばんは。

今日は19:45の帰宅となりました。『無料メール講座』へのご登録者が120名を超えまして、少しずつ私の声が多くの方に届いていることを嬉しく思います。そして、取り上げてほしいリクエストも頂いているので徐々に応えていきます。



FX・サラリーマン投資家ランキング

昨日のFOMCをきっかけにUSDJPYが一気に上昇しました。事前に動画でもお話しした通り、今回のFOMCがいかに難しかったか…つまり動きの予測を立てにくい場面でした。

でも、それでいいんです。『分からない時はやらない』を徹底することもトレード技術です。

現在は、この大きな動きを踏まえて節目に到達した通貨ペアがEURUSDです。

先日来から注目していた日足でのサポート、つまり前回高値とのレジサポ転換ラインで反発しています。ここは日足のBOXレンジ状態下限で、トレンドに沿えば『ここから上昇』という場面です。4時間足のローソク足も実体小さなコマ足を形成しているところを見ると、売りと買いが戦っている節目であることも良く分かります。

トレンドを信じた狙い方としては、『コマ足の高値を大陽線で抜けた』ところから戻したところ。いずれにしても今が買いの環境である!と理解することです。昨日の下げがあったからショート!などと安易に考えてはいけません。

私はエントリーするタイミングを逃してしまったので、もう一度戻しが入ってきたらロングエントリーしていきます。もしそのまま上昇してしまったら様子見をします。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。