行動を起こすことがそんなに難しいことか?

こんにちは。

今日は奥さんが自分の主催セミナーを開いているのですが、財布を忘れて出かけたので届けに行ってきました。。天気も良いので、そのまま帰るのも面白くないのでノートPCを持って出かけ、今は銀座のカフェでブログ記事を書いています。



FX・サラリーマン投資家ランキング

昨日は奥さんと居酒屋で飲んでいて、『なぜ人は行動を起こさないのか』という話題で大いに盛り上がりました。

曰く「日常生活に何となく満足していないから、やりたいことを探している人が多い」という気持ちで起業セミナーに来る人がいるようです。

私にはそのメンタリティが信じられませんでした。

満足していない=不満がある=「こうじゃないんだ!こうなんだ!」という思いがあるものだと思っていたからです。この繋がりが出来ていない時点で、本質的な不満はないのではないかと思うのです。そして、セミナーに来れば満足を得られると勘違いしている人が世の中の大半であるということです。

『多くの人は行動できない』という言葉を耳にすることは多いと思います。『起業しても成功しない人が多い』という話も聞きます。でも、それは当たり前です。何となく満足してない気持ちで続けられるものなんてこの世にあるでしょうか?

成功確率を下げているのは、こういった意志のない人々すら分母に含めるからに他ならず、これを自覚している人だけが一定の結果を残す資格を持つのです。

例えば私。ブログタイトルが示す通り、『夜まで働く兼業トレーダーだって結果を残すことが出来る!』という強い気持ちが毎日更新する気持ちを支えています。もっと言えば、私がFXトレードを続けている原点まで遡り気持ちを支えています。

これは、私にしかないストーリーです。ということは、誰にだって自分にしかないストーリーがあるはずです。過去からの自信の経験や心動いた体験を、自分の中で掘り起こすのです。自分の想いを100個出しましょう!恐らく自分の人生を3回くらい振り返らないと出てこないです。

でも、これさえ出来てしまえば、自分のやるべきことが見えてきます。行動の起こし方も分かってきます。そして、何かのセミナーに参加する資格を得られます。

表面に見える確率とか数字に惑わされず、自分自身の核を見つけることに注力する方が増えれば、、と願うのです。

本日も、ご覧いただきありがとうございます。